吉祥寺の美容室nicheはエアーストレート公式導入店です。このエアーストレートに取り組みだして3年。さまざまなくせ毛でお悩みの方がご来店いただけました。当店こだわりのエアーストレートとは、特殊効果の尿素、アミノ酸をメインにトリートメント効果を最大限に発揮しながらくせ毛を伸ばす縮毛矯正です。

ノンアイロン弱酸性縮毛矯正エアーストレートの特徴

くせ毛でお悩みのお客様は一度は縮毛矯正を受けたことがあることと思います。私共も客様のご要望でさまざまなくせ毛や縮毛のお客様の要望で施術してまいりました。その際もお客様の要望において希望に沿うようにその時代の進化を追いながら最新の技術をお客様に提供してまいりました。その中でいつも課題として抱えてきた事。それは毛髪のダメージとスタイル。先ほども書いた内容ですが、トリートメント効果と特殊な弱酸性の薬剤の働きをお客様に提供してまいりたいと思います。

ノンダメージの髪本来範囲内で施術

エアーストレートは弱酸性(PH4.5)で施術していきます。普通の縮毛矯正剤は(PH9)ぐらいになります。アルカリ性の薬剤は髪に素早く浸透するためには必要なものになります。その反面、髪はアルカリに対して弱い性質であるため、その分、髪への負担があり、繰り返すほどにダメージが大きくなります。

ダメージの原因

残留アルカリも毛髪に悪影響を及ぼします。髪が硬くなってしまったり、パサつきや枝毛、切れ毛がでてきたりします。逆に弱酸性の矯正剤は髪への負担が極端に少なく、仕上がりが柔らかく弾力があり、ツヤ感がぜんぜん違います。弱酸性縮毛矯正の最大のデメリットは、強い縮毛やくせ毛は伸びない、伸びにくいので、ハイダメージ部分にしか使用できないというイメージがあると思います。ノンダメージとクセをしっかりと伸ばすことの両立を目指すことが課題でした。それまで、よく聞いてきたこととはクセ毛を伸ばしすぎたから不自然 そんなフレーズをよく聞きました。私共も使っていたかもしれません。でも逆の意味ではクセがしっかりと伸びていないから自然という表現になっていたんですね。つまり伸ばすと不自然。だからクセをのこしておこうと。でもお客様はしっかりとクセを伸ばしたいんですね。つまりお客様はきれいなストレートヘアとスタイルを両方をお望みなんです。でも現実には完全には両立はできませんでした。

エアーストレートと従来の縮毛矯正との違い

従来の縮毛矯正との違いは自然さ。違いの理由はアイロンを使わずに縮毛矯正を行うため。根元のくせも自然にきれいに伸ばしながらも自然に立ち上がります。お客様のご希望は傷ませずにストレートヘアにする事と、自然さ。例えばロングの方でも、毛先がピンピンにならない事。またボブの方でも自然に丸みのあるフォルムを無理なく作る事ができます。

ノンアイロン弱酸性縮毛矯正エアーストレートの効果

その結果、きれいにくせ毛でお悩みのお客様にもかなりの選択をいただけるようになりました。それまではお客様は本音は縮毛矯正をしたくないという方も多いと思いますが、自信をもって縮毛矯正をおすすめする事ができるようになりました。自然な丸みや毛先が不自然になるようなことはなくなりました。お客様が安心してストレートにすることができるようになったのが大きな効果です。

 

詳しくはエアーストレート公式メディアもご参考いただきたいと思います。

くせ毛の悩みやくせ毛対策に自然な丸みの帯びた仕上がりのエアーストレート